施設入所支援事業、生活介護事業、短期入所事業を行っております。

第二養和荘

3つの事業

施設入所支援事業

定員:40名

知的に障害がある高齢の方々の生活の場として、快適な環境と、ゆとりある日々の流れの中で、健康で穏やかな暮らしが営まれる様に支援しています。

↓事業の詳細はこちら

余暇支援

  • *
  • *
  • *

施設入所支援事業では、余暇の充実を図られるよう、毎週ボランティアさんなどに来荘して頂き、健康で、ゆとりある生活を送れるように日々の支援を行っています。
また、土日には、利用者のみなさんでカラオケをしたり、ティータイムをしたりして、楽しく過ごしています。


生活介護事業

定員:40名

施設入所支援利用者の日中活動として、食事サービスや、グループごとの運動、リハビリ、軽作業、手芸を行い、活動参加の楽しみとコミュニケーションの支援をします。
行事や外出など、普段と違う楽しみも織りまぜています。

↓事業の詳細はこちら

リハビリ・創作活動

  • *
  • *
  • *

平日には、リハビリ活動・創作活動を行っています。利用者のみなさんの身体状況や、得意なことを尊重し、一人一人に合った活動内容を提供しています。

外出・外食

  • *
  • *
  • *

定期的に外出や外食に行き、普段と違った食事、雰囲気を利用者のみなさんに楽しんで頂いています。


短期入所事業

定員:2名

在宅の高齢又は身体に障害のある知的障害者の方・ご家族が必要と感じた時に短期間宿泊できるサービスです。

↓事業の詳細はこちら

1 利用時間

  平日の10時から16時の日中活動の時間帯を除く時間で短期間宿泊できます。

2 契約について

  (1)新規契約について
     電話にて面接の予約受付をして頂きます。面接後、契約し健康診断書を提出して頂きます。
  (2)契約更新について
     契約書をお確かめの上、利用の継続を希望される方につきましては、更新の手続きを
     お願いします。この際、新しい受給者証が必要になります。
     また、契約期間内であっても12月~3月の間は、インフルエンザ予防接種証明書の
     提出がない場合は利用できません。

3 受付について

  (1)偶数月の第1火曜日に先2ヶ月分の予約を受け付けます。
  (2)緊急の場合は定員に空きがあれば、受付日、受付時間に限らず受付をします。
  (3)次の方の利用をお断りする場合があります。
     ア 契約期限の切れた方(健康診断書の提出がなかった方を含みます)
     イ 風邪等の症状があり、他利用者に感染する恐れのある方
     ウ インフルエンザ予防接種証明書の未提出の方(12月~3月の利用のみ)

4 インフルエンザ予防接種について

  12月~3月の利用はインフルエンザ予防接種を受けられ、所定の用紙で証明書を提出された方に
  限ります。
  証明書は受診機関にて記入された物のみ受け付けます。御家族で記入された物は受け付けには
  使用できません。
  証明書の用紙は10月中に契約中の方にお渡しします。

5 持ち物について

  (1)荷物については全て記名をお願いします。
  (2)必要物
     ア 受給者証・・・利用終了時に確認印が必要となりますので、印鑑を持参してください。
     イ 内服薬・・・・利用日数分と予備をご用意ください。
     ウ 外用薬・・・・処置薬をご用意いただき、処置の部位、時間をお知らせください。
     エ 着替え衣類・・荘での洗濯はしませんので、利用日数に応じた必要枚数を
              ご用意ください。利用日数が多い場合は予約時にご相談ください。
     オ 日用品・・・・歯ブラシ、コップ、上履き
     カ その他・・・・雑誌、ラジカセなどの持ち込みは可能です。
              電化製品は電気代が1台あたり1日10円かかります。
              上限は3台までです。

6 その他

   (1)内容、料金等は変更する場合がありますので、予約時にご確認ください。


施設紹介

  • *玄関
  • *浴室
  • *特殊浴槽

施設情報

設置主体 社会福祉法人 養楽福祉会
事業所名 障害者支援施設 第二養和荘
所在地 愛知県春日井市廻間町字神屋洞703-1
TEL 0568-93-9071
FAX 0568-93-9072
管理者 渋谷 聖実

主要施設・設備

個室・・・5室(ショートステイ室含む) 
2人居室(パーテーションで個別に仕切り)・・・4室 
4人居室(パーテーションで個別に仕切り)・・・8室
医務室、一般浴室、特殊浴室、食堂、デイルーム、家族室、理美容室、各室冷暖房、非常火災通報装置、スプリンクラー装置、

職員構成

管理者、生活支援員、栄養士、事務職員


このページの先頭へ