後援会の願い

昭和62年に知的障害者援護施設「養和荘」が開所し、平成2年、12年と2回の増築 工事がなされ120名の定員となるとともに、「はさま」「なかぎりワークス」の開所の他 、地域生活支援事業、就労移行支援事業、自活訓練事業などに取り組み、平成23年4月に は「わかば」が開所しました。
これらの運営は公的支援、補助金で実施されていますが、決して充分ではありません。

私たち後援会は以下のことを願い活動しています。

  • 「養楽福祉会」の事業を後援し、利用者とその家族の福祉を高める。
  • 障害者がより良い環境と施設の充実をはかり、安心して利用できるよう 側面より支援をする。
  • 施設職員の皆さんが安心して働くことができるよう支援をする。
  • 地域の皆さんへ行事等への参加を呼びかけ、障害者への理解を深め ていけるよう支援をする。

養楽福祉会後援会は、上記のことを願い組織しております。
まだまだ未熟ではありますが ご理解とご賛同をいただきたく、心よりお願い申し上げます。

活動内容

市民きずなコンサートの前身は、養楽福祉会応援コンサート(太鼓の志多ら)でした。
現在は「市民きずなコンサート」と名称変更し、市民の方々へ知的障害者の理解を深めるため下記の活動を展開してきました。

平成22年7月18日 第1回養楽福祉会応援コンサート(志多ら)
平成23年7月24日 第2回養楽福祉会応援コンサート(志多ら)
平成24年6月16日 第3回養楽福祉会応援コンサート(志多ら)
平成25年11月4日 春日井市制70年記念市民協働事業
第4回市民きずなコンサート
平成26年11月24日 第5回市民きずなコンサート
平成27年11月3日 第6回市民きずなコンサート
[写真]
志多ら 第1回
[写真]
志多ら 第2回
[写真]
志多ら 第3回
[写真]
市民きずなコンサート 第4回
[写真]
市民きずなコンサート 第5回
[写真]
市民きずなコンサート 第6回