職員募集

働く先輩からのメッセージ

養楽福祉会で働く先輩の声を紹介します。

【養楽荘】1年目 冨田支援員

写真

大学では障がい児教育を専攻していました。学んでいくうちに「もっと障がいのある方の日常生活に寄り添った支援がしたい」という思いが強くなり、この生活支援員という仕事を選びました。
入職した当初は、利用者さんとの意思疎通がうまくいかなかったり、支援が思うようにいかなかったりと不安な毎日でした。しかし、利用者さんと日々関わっていく中で「相手の目線になって考え、支援する」ということを意識しなければならないと改めて気付きました。それから、少しずつ利用者さん一人ひとりに合った支援や関わり方が分かるようになり、以前よりも利用者さんといい関係を築くことが出来るようになってきたと思います。
今でも支援や関わり方については試行錯誤の毎日で、うまくいかないこともたくさんあります。そんなときは相談にのってくださったり、アドバイスをしてくださる先輩方がいるので、とても心強く、安心して仕事に臨むことが出来ます。
  まだ生活支援員になって1年目ですが、この仕事に就いて良かったと実感しています。今まで「福祉」の分野を勉強・経験したことがない方でも、少しでも興味があったら、是非足を運んで現場の様子を見て頂けたらと思います。

【はさま】1年目 豊留支援員

写真

4月に養楽福祉会に入社し、はさまに来てもうすぐ1年が経とうとしています。新卒で福祉の経験も全くない私にとってこの数ヶ月は本当にあっという間でした。右も左も分からない私に先輩方は仕事内容だけでなく、利用者さんのことについてや支援の心得などを丁寧に教えてくれました。様々な研修に行く機会もあり、社内社外関わらず仲間も増えました。
毎日変化があり、時には大変なこともありますが、この1年で一番感じたことはシンプルなことですが『福祉の仕事は楽しい』ということです。
最初はうまく出来ないこともあります。しかし、利用者さんと日々関わるなかで経験や信頼を重ねていき、いつの間にか共に安心し合えたり、心から笑い合えるようになっていました。
読んで頂いているあなたがもし、少しでも福祉の仕事に興味があるのなら、一度職場体験に来てみてください。はさま一同、お待ちしています。

【さいおワークス】2年目 佐藤支援員

写真

人と接することが好きで、長年、接客・営業業に携わってきました。お客様の笑顔を見るたびに、やりがいを感じていましたが、次第にもっとお客様と深く関わりたい、もっと人の役に立つ仕事がしたいと考えるようになり、以前から興味のあった福祉、福祉業界は将来性があり、人に必要とされる、やりがいのある仕事だと思ったことが、転職を決意したきっかけです。
福祉業界は未経験ですが、接客業で培ったコミュニケーション力を活かし、利用者様、ご家族様の立場に立った支援を提供したいと思います。
未経験からのスタートのため、人一倍の努力が必要だと思いますが、持ち前の前向きさと今まで仕事を通して身につけた責任感や我慢強さを活かし新人として謙虚に学びながら、一日も早く利用者様のお役に立てるようがんばりたいと思います。
将来的には、これまでのマネジメント経験を活かして利用者様、共に働く職員に貢献できればと思います。

【はるひ荘】2年目 石垣支援員

写真

私の勤務するはるひ荘はまだできたばかりの入所施設です。利用者さんがどのように毎日を過ごすか、利用者みんなで食事を摂るにはどうしたらいいのか、休日にはどんな余暇活動をするかといったことをゼロから職員全員でつくっています。
  言葉で自分の思いを表現することが難しい重度の知的障がいを持つ利用者さんが多い中、どうすれば利用者さんがより良い生活を送ることができるよう支援するか、毎日が試行錯誤の連続です。時には上手くいかないこともありますが、職員同士がそれぞれの立場を越えてともに真剣に話し合い、よりよい対応を議論し失敗を恐れず挑戦することで利用者さんの満足した姿や笑顔を見ることができた時、他の何物にも代えがたい大きな充実感を得ることができます。そしてそこには利用者さんと支援員という立場を超えた本当の意味での人間同士の交流があるように感じます。新しい環境をつくることに興味のある方、是非一緒に働きましょう。

【第二養和荘】4年目 千田支援員

写真

養楽福祉会の第二養和荘に入社して4年目になります。私は、大学で福祉の勉強をしました。実習先は、老人関係の施設ばかりでしたが、私の最後の実習先が障害者支援施設でした。そこで学んでいる時に、知的障害の方に興味を持ち、働いてみたいと思いました。実際に働いてみて思ったことは、知的障害の利用者さんの生活をする上での支援や介助の方は、一人ひとりの特性をしっかりとわかって向き合わないといけないということです。「介護=汚い・辛い」と言われますが、スタッフ同士で協力しながら利用者さんと向き合うことで、毎日いろいろな発見があり、とてもやりがいのある仕事です。147cmの小さい身体の私ですが、支援や介助をしっかりと行い、利用者さんとの生活を毎日楽しんでいます。

【養和荘】5年目 中尾支援員

写真

養和荘は知的障がい者入所施設です。私達は、施設に入所する障害のある方に対して、入浴、排せつ、食事など、日常生活上の支援を行っています。実際に働いてみると色々と大変なこともありますが、それ以上に楽しいこと、面白いことが沢山あると感じています。
特別な配慮を必要とする利用者の方々と日々接すると、人として大切なことを教わることや人というものについて深く考えさせられることが多々あります。そんな経験や葛藤を通して自分という人間が磨かれていく、そこがこの仕事のやりがいだと思います。
ここは自分というもの全てをぶつけることができる場です。活かせるものは何でも活かしてください。体力自慢?文章作成が得意?助かります!特技がある?素晴らしい!是非利用者の方々の前で披露してください!きっと喜んで貰えます。利用者の方々の人生をより彩りあるものとするため、楽しく仕事がしたい方をお待ちしています。

【地域サポートセンター(相談課)】6年目 元山相談員

写真

私は現在、地域サポートセンターに所属しています。地域サポートセンターでは、さまざまな障がいをお持ちの方の就業面や生活面での相談を受ける就業・生活支援センターの仕事に就き、一般企業で自分らしく働く事のお手伝いをさせて頂きました。
その後、障害児等療育支援事業といって就学前のお子さん(診断の有る無しに関わらず)の子育ての悩みを保護者や保育園・幼稚園の先生方から伺いながらお子さんにとっての一番いい関わり方をみんなで共有する事業や、学齢期の学校の先生、福祉サービスの支援員向けの勉強会や講演会を企画する事業に携わっています。どの部署での仕事も、対人援助の仕事なので、利用者や関係機関の皆様から多くの事を学ばせていただき、充実した毎日を送らせて頂いております。当法人は、このように幅広い分野の職種があります。ぜひ、一度見学にお越しください。

【わかば】12年目 佐野主任

写真

私は学生の頃、福祉とは別のことを学んでおり、就職前は「福祉の仕事をできるのだろうか?」という気持ちでいました。しかし、先輩方の親切な指導や、保護者の方々にも多くのアドバイスいただき、就職して12年が経ちました。入所施設で10年勤務し、現在は通所施設(わかば)で勤務して3年目です。まだまだ学ばなければいけないことの方が多く、ミスをしてしまうこともありますが、利用者さんや他の事業所との関わりの中で学ばせていただき、日々を乗り越えられています。
わかばでの仕事は生活介護、就労継続支援B型の支援に携わっており、やりがいの多い仕事です。生活介護では毎日楽しく過ごしながら、生活のリズムが確立できる方法を考え、就労継続支援B型では楽しく仕事をしながら利用者が活躍でき、少しでも多くの賃金を得る方法を毎日試行錯誤しながら支援を行っています。一度、見学に来ていただけると、わかばの特色でもあるチームワークの良い明るい事業所だと感じてもらえると思います。

このページの先頭へ